増額

キャッシングにおける適切な増額申し込みの仕方

基本として、フリーローンにおけるキャッシング枠の上限は年収の1/3が基準になっています。ということは、逆にいえば年収の1/3に満たない額のキャッシング枠であればその増額申し込みには何の問題もないということになります。ですが現実の問題としては、必ずしもそうとは言い切れません。上限枠の規制は公的なものですが、個別の契約における枠の設定は貸す方の判断にゆだねられているのは当たり前の話だからです。

 ですが逆にいえば、こちらの申し込み方の内容によって、枠内の増額であれば認められたり認められなかったりすることになります。そして、ある程度の範囲であれば枠を逸脱することもあり得ます。現在では、少額の借り入れに対しては、必ずしも収入を証明する証拠を提出する必要はなくなっていますから。

 というわけで、まず明らかにすることはご自分の実際の収入額です。これは去年の年収であれば例えば年末調整の書類であるとか、必要な場合は役所から課税証明書を出してもらえば明らかになります。ですがこれは間違いなく去年の収入を表していますが、それがそのまま現在の収入を表しているとは限りません。その月によって収入が変動することはよくあることですから。そこで、過去三か月の給料明細などによりそれを示すことができます。と、以上のような事情で本当に正確な収入額というのは、ずいぶんと流動的であることに留意してください。

 以上を前提として、増額申し込みは気楽にやってみましょう。申し込みの理由は急に田舎に帰省することになったとか友達に旅行に誘われたとか軽い理由がいいです。そして収入は実際よりも気持ち多めに言ってまだいくらか余裕がある風邪を装います。実は相手先の担当者もうすうすはそのあたりを承知の上なのですが、あちらもとにかく貸して利息を取るのが商売ですから、認められる範囲での話には載ってきます。

 増額が認められるかどうかは約束はできませんが、最悪認められなくてもそのことでのマイナスはありませんし、他のローン会社にその情報が流れることもありません。増額が認められなくて、他社に新規借り入れを申し込んだら認められたという例もよくあることです。あまり、深刻にならずに気楽に試してみるくらいの気持ちでやってみることが大切です。