貸金業者

銀行カードローンは総量規制の対象にならないけども!総量規制に触れてしまう人は厳しい!

銀行カードローンは、貸金業者ではないため、貸金業法が適用されず、総量規制の対象にはなりません。しかし、法律上の問題であり、準拠してはならないという規制もありません。結果、保証会社が借入額から判断し、審査落ちという可能性はあります。

最近では、銀行カードローンの審査も厳格化されており、貸金業者から借入額が多い場合は契約は厳しくなると考える必要があります。そもそも、健全な家計状況では複数社から借り入れする事態にはなりにくいといえます。また、保証会社自体も債権を被るリスクは避けるのが一般的です。別の法律ではあるものの、関係性を理解しなければ、既存の契約にもリスクが生じてしまうため、総量規制の対象ならないからといって無謀な申し込みはおすすめ出来ません。