限度額

限度額の増額申請の前に属性や与信の向上を考えて望むこと

消費者金融系や銀行系どちらのカードローンでキャッシングを利用していると、現在の限度額では心細くなり、増額申請をしたいと思うタイミングがあるものだと思います。しかし、増額申請をしたいと思ったそのタイミングで注意することがあります。自身の属性に変化があるかということです。

現在の限度額は、新規で申し込んだ際の自身の属性から得られたものです。その当時と比較して、自身の属性が向上しているでしょうか。同じ企業で働き続けているのなら、勤続年数は増えていると思いますが、年収はどうでしょう。少しでも増えているでしょうか。何らかの変化がなければ、限度額を上げる材料になり得ません。

当初の契約の限度額が、自身の属性からして低いものであった場合には、増額申請に至るまでの年月での借入や返済状況から信用が高まり、「この人にはもう少し大きな限度額を与えても大丈夫」という与信が与えられるかもしれません。
逆に、ある程度の限度額を得ている方に対しては、借入と返済のバランスから見て、この先も借入が大きくなるばかりで、返済が滞るようになるのではないかと思われれば、最悪の場合、新たな借入が出来ない「出金停止」の措置が取られることも十分にありえます。それは、増額申請に対しては、新規の申し込み時と同様に改めて、属性や信用機関への調査によって審査が進められるからに他なりません。

増額申請によって増額が叶うこともありますが、反面、新たに審査を行うことによって与信が下がることも十分に考えられること繋がることを十分に考慮して、増額申請に対しては当たって欲しいところです。
全く借入が無いのも、与信の向上に繋がりません。適度に借入して、確実に返済をする。これを確実に繰り返すことによって、金融会社から見た自身の与信というものが上がります。

思わぬ落とし穴に嵌らぬよう、自身の属性の向上や与信の向上を踏まえた上で、キャッシングの増額申請に当たって頂ければと思います。